防腐剤、保存料などの添加物に配慮したものを選ぶこと
人の食品添加物や農薬としては使用が禁止されている防腐剤や保存料などの添加物が、価格に関係なく使用されていることがあります。

メーカーによっては抗酸化剤と言っていることがありますし、合成保存料と表記しているものもありますが、これは要するに、ドッグフードが酸化したり、腐ったりするのを抑えるための添加物のことです。

たとえば、エトキシキンという物質は日本では、その毒性ゆえ、食品添加物としての使用を認められていません。それなのに、普通に市販されているペットフードには利用されていることがまれにあるので十分に注意してください。


その背景には、飼い主が食べないから異常に気づきにくいという現状があります。毒性のあるものを家族同然のわんちゃんに食べさせて良いと考える人はいません。

あなたはわんちゃんと少しでも長く思い出を作るために、添加物に配慮されたドックフードを選んであげてください。あなたの愛犬を守れるのはあなたです。危険な着色料・香料・遺伝子組み換え原材料が無添加というのもポイントです。
愛犬家の良い評価や口コミ、実績あるものを選ぶこと
「本当に良いものか?」は、最後の最後は、食べさせてみないとわかりません。

でも、その上で、実際に購入した人の意見ほど、参考になるものはありません。

それを見極めるポイントは、
実際の利用者の満足度が高い
・評価の高い口コミがたくさんある
・賞を受賞している
・テレビ、雑誌、新聞、SNSなどで紹介されている
・ECサイトなどでもよく売れている
販売実績(売り上げ、販売年数、販売個数)が良い
・専門家が開発に協力しているなどになります。

このチェックポイントを最低3つ以上満たしているドッグフードを選びましょう。
グレインフリーやグルテンフリーのものを選ぶことわんちゃんにとって、アレルギーの原因になることがある、穀類(グレイン)や小麦(グルテン)に配慮されているものを選んでください。

グレインフリー(穀物不使用)小麦グルテンフリーなどと表記されているものを選びましょう。ヒューマングレードのものを選ぶことヒューマングレードの表記がされていることで、より良いものを見極める一つの指標になります。(※ヒューマングレード:人間用の食品工場で加工出荷された肉・魚・野菜を使用。ミネラル類・ビタミン類は、ペットフード用に生産されたものを使用)

当サイトで紹介しているドッグフードは、厳選した食材でバランス良く栄養がとれるように配慮されていますので、ご参考にしてください。通販のものを選ぶこと

通販のドッグフードは、ペットショップなどに流通させるコストが不要です。そのため、適正価格で手に入れることができます

中間業者が少ないので、品質管理にバラつきもないため、いつも新鮮なドッグフードを購入できるのも良い点です。